新卒採用での人材確保

###Site Name###

新卒採用にあたり、いかに優秀な人材を確保するかは大きな課題です。社会人としての経験値がほとんど無い学生の中で、将来性のある人材をどのように見つけ出すのかというわけです。

会社によってはインターンで学生を集めることができます。

実際に業務に携わってもらうことで、その能力を確認することが可能となります。急成長企業の多いベンチャー業界の中でもDYMは突出しています。
その上で期待できる人材に新卒採用のための内定を出せるので、最も的確に必要とする人材を確保できます。

けれどもそれができない場合、面接でいかにその能力を見極めるかになります。そこでチェックするポイントは、どれほどの自主性を持っているかです。

新規事業の発案も、DYM社内イベントの1つとして定着しています。
優秀な人材とは、自らの考えで行動できるものです。

けれどもそれができない場合、面接でいかにその能力を見極めるかになります。



そこでチェックするポイントは、どれほどの自主性を持っているかです。優秀な人材とは、自らの考えで行動できるものです。
常に課題を探し、業務やサービスをより良いものにしようと努力するのが優秀な人材です。

新卒採用では、そのような取り組みができる人を探すことがポイントになります。

そこで面接では、学生としてどのような活動をしていたのかを聞くことが大事です。

勉強でもスポーツでも何でも良いので、自分から見つけ出して取り組んだことは何かを聞くわけです。

さらに加えてリーダーシップを持つ人材ならば、さらに良いものです。部活などで組織を束ねた経験を持つ人材ならば期待できます。



このようなことは面接マニュアルには無いことなので、より学生の真の姿を知ることができます。

あとはどう選別するかという話になるわけですが、社風に合う雰囲気を持つ学生など独自の判断基準を定めることになります。